2007年2月14日 (水)

向き合わねばならん事

合算。
お客様には大変ご迷惑をおかけしました。
ここから先は自分の為に書きます。向き合う為に書くのです。
あんまり見ても楽しくないよ。

まずレシートもって景品ご覧になってるお客様がいらっしゃいました。
「お。なんか交換してくれんのかな?カウンターきたら聞いてみよぅ!」
とまぁいつもの軽い調子で
「レシート一枚お預かりします。
 何か景品気になるのございましたか?」
って聞く訳です。
この時点でポスにはレシート通してます。
「あの腕時計が。。。」
お客様と一緒にショーケースに行きます。
何度も言いますがポスはレシート受け付けたままです。
「このディズニーの腕時計ですね!すぐにお出しします」
一旦カウンターにもどってショーケースのキーをとり、
景品を取り出します。
ふと 呼ぶ声がします。
「ハタちゃん!!」
常連のお客様です。いつも急いで交換しろとおっしゃいます。
ってか既にポスのカードリーダーにカードをつっこんでます。
『あ。いそがねば』
しかし 景品のお客様が先です。
ホールのSキャプにフォローを頼みます。
Sキャプがフォーローに入ってくれます。
私はその間に時計を箱にしまい、小さいプレゼント用の手提げに入れます。
で。
気付きます。
この先にいらしてたお客様の分のメダルを常連の方がカードに入れちゃったんです。908枚orz

スゲーへましました。
結局常連さんだったので事情を話して900枚おろさせてもらって、
そのキーパー(お金に化ける不思議な景品だよ!)
を一旦交換所で交換してもらって、
さらにそこから¥6000お預かりしてメダルにして流して
で、景品の時計と交換させて頂きました!!!
本当に申し訳ない!><
これこそ不適合だと私は思うんですが、
一応誤差等もないため不適合としては上がらないそうです。
ISOの意味について考えてしまいました。
カウンターから離れる際には必ずフォローに入ってもらいましょうという事になったんですが、
まぁね。とりあえずレシート通したまま離れたのはまずかった!
気をつけます。
しっかり叱って貰って来ました。
完璧に私のミスです。言い訳の隙間もございません。
あまえとったらイカンですな。
その後皆で◯×ゲーム(9マス)の必勝法を考えてたら朝です。
今日も仕事だー。
逃げ出すのは容易いのでキチンと向き合ってみました。
ふがいないし情けないですが。
これも経験でしょうね。
今回は常連さんだったのでまだ良かったです。
普段の勤務態度を見返すいい機会になりました。
人にかすかでも頼り切ろうとした自分にも腹が立ちます。
良い教訓となりますように。
そして明日は平穏な1日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

頑張れ自分。

どうやったら スタッフの力の底上げに繋がるのか
そもそも スタッフの力が底上げされたところで
稼働状況が変わるのか。
どうなんだ。
色々と分からないが やってみないことには分からない。


残業をかってでて
自分に追い越せそうなスタッフをまず煽って見ているが
なかなかやる気を出してくれるでもなく。


本気でやる気があんのか。
私は望んでこの職に就いた訳ではないが
給料泥棒にはなりたくないし
なによりお客さんに楽しんで欲しいので
絶対に中途半端な仕事はしたくないんだ。
元々のデザインの仕事も割り振られれば
休日使ってでもするし
店舗に出ればちゃんと接客もする。
発注もする
一応新入社員で一番下っ端ではあるが
昇級試験で一人追い抜いてしまった限り
いつまでも甘えてられないのである。
彼女は私以上のキャリアがあるし
仕事もこなしていると思う。
どうやって 差をつけたらいいんだろうか


考えるがどうにもこうにも。
というか 元々私には他にやりたいことがあって
そのための資金集めとして就職したんだが。
折角居場所をくれた会社にも恩返ししたいわけで。


今のまま 教育課の課長にあっても
きっと幻滅されるに違いない。
そんなのは嫌だ。
訓練をしてくれた教官も今の私をみて 
がっかりするだろう。
そんなのは絶対に嫌だ。

胸を張って彼らに会いたいのだ。


ちゃんと会社の仕組みを理解して
次のステップに必要なモノを見据えて勉強して
はやく はやく はやく 彼らと同じ次元で会話をしたいんだ。
私ももっとしっかりした考えを打ち出したいんだ。
そうして その体験をきっちり自分の夢に反映させたいんだ。


だから今は仕事がんばろう。


頑張れ自分。
迷うな。動かないより動いた方がましなんだ
バカにされても
無駄だといわれても 
やらないで 出来ないとほざく輩にはぜったいになるな
あがくことなく あきらめるような大人になるな。
頑張れ自分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)